我慢せずに病院で治療を!処女膜強靭症は簡単に改善も


毎回性交時に痛い思いをしている場合は

恋人と性行為をする度に毎回痛い思いをしているという女性も中にはいるでしょう。その原因は色々と考えられますが、実はあまり知られていないものとして処女膜強靭症が原因である可能性があります。特にただ痛いというのではなく、毎回出血している女性の場合は処女膜強靭症である可能性が高いでしょう。処女膜強靭症は本来は柔らかくて弾力性のある処女膜が分厚くて硬くなっており、膣口が開きにくく性交時に痛みを感じてしまうことがあるのです。通常であれば性行為で破れてしまう処女膜が破れないために毎回痛みを感じて出血することがあります。処女膜強靭症は生まれつきのものですが日常生活には影響が無いため、性行為をするまでは気が付かないケースも珍しくありません。

簡単な手術で治療出来ることも

処女膜強靭症は手術で治療することが出来ますが、手術となるとどうしても怖いというイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、実は処女膜強靭症は簡単な手術で治療することが出来る場合もあるのです。治療は処女膜切開手術という方法で行われ、手術そのものはとても短時間で15分程度で終わってしまうほどです。そのため、わざわざ入院するようなこともなく日帰りで治療することが出来ます。体への負担も少なく手術後もすぐに日常生活に戻ることが出来る手術です。さすがに手術が終わってからすぐに性行為をすることは出来ませんが、手術を受けてから一ヶ月もすれば問題なく性行為をすることが出来るようになります。

処女膜強靭症とは処女膜が通常より伸びにくかったり堅い症状を言います。また、処女膜事態が厚い場合もあります。