小陰唇肥大の悩みを手術で解消するメリットとは?


美容外科の小陰唇縮小手術は傷跡が目立ちにくい

美容外科のクリニックで行われている小陰唇縮小手術は、肥大した小陰唇の先端の一部をメスを使って切除し、患者の希望通りの形に整えることが可能です。手術の際には特殊なナイロン糸や自然に溶ける糸が使われるため、術後に傷跡が目立ちにくいという特徴があります。医療設備が整っているクリニックの多くは、日帰り手術に対応しており、翌日からシャワーや入浴ができるため、私生活における負担も少ないというメリットがあります。なお、術後の患部の状態や手術の範囲によっては、数回程度の通院が必要となることもあります。そこで、カウンセリング時に小陰唇縮小手術の具体的なスケジュールを確認しておきましょう。

小陰唇肥大の術後のケアで大事なポイント

小陰唇縮小手術は、身体に負担の少ない医療器具が用いられるため安全性が高いものの、人によっては患部の周辺が赤く腫れあがったり、痛みが出たりすることがあるため、術後のケアが重要となります。特に、生まれつき肌が弱い人や、小陰唇肥大の症状が重い人については、術後のトラブルが起こりやすくなる傾向があります。そのため、手術を受ける前に経験豊富な医師と相談をして、アフターケアに関する知識を身に付けることがおすすめです。最近では、大手のクリニックをはじめとして、一人ひとりの患者の肌質や術後の経過に応じてアフターケアを徹底して行っているところや、手術の失敗に備えて保証制度を用意したりするところもあり、誰でも安心して手術に臨むことができます。

小陰唇の大きさや形、色に悩んでいる方は、小陰唇 手術によって、きれいな見た目の女性器を手に入れることができます。