人に言えない悩み!性交痛は女性ホルモンの減少で起こる?


セックスのときの痛み、原因は何だろう?

セックスのとき、膣周りや膣の奥が痛くてセックスができないということがあり、それを「性交痛」といいます。性交痛の原因はいろいろありますが、一番多いのが更年期になってエストロゲンの分泌が減少することです。女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、膣の粘膜から分泌する液体が減少するため乾燥して摩擦を起こし、痛くなるのです。また膣内が委縮し硬くなります。更年期前の若い世代で性交痛が起きる場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣腫瘍といった婦人科の病気にかかっていることがあります。子宮内膜症の場合は、子宮のまわりに炎症や癒着が生じているために痛みを感じます。子宮筋腫、卵巣腫瘍の場合は、刺激による痛みです。さらに精神的に緊張している場合、膣分泌液の分泌が十分でなく、痛みを発症します。

どうすれば性交痛を治せるの?

エストロゲンの分泌の減少が原因である場合は、婦人科で女性ホルモンを処方してもらう、膣内に錠剤を入れる、ゼリーなどの潤滑剤を使うという方法で解決することが多いです。また子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣腫瘍などの病気の場合は、その病気自体を治す必要があります。一番難しいのが精神的な原因によるものです。リラックスするのが大切ですが、過去の性交痛がトラウマになっている場合など、なかなかリラックスすることはできません。パートナーとよく話し合って協力してもらい、セックスの前にゆっくりスキンシップをとるなどして、少しずつリラックスできる状態にしましょう。それでも解決できない場合は、婦人科の医師に相談するのがよいでしょう。

性交痛は性交時に感じる痛みの総称です。性行為時の前戯が不十分の潤い不足だったり、ストレスや出産、更年期、婦人科の病気などさまざまな理由から起こります。