CADって言葉は聞いたことがあるけど実際は何を行うものなの?


コンピューターで行う設計図の作成です

建物や機械などの設計図は、組み立てたりすることを考えとても精密にできています。そのため綺麗に製図されていることは必要不可欠であり、見やすいことは重要です。一昔前まではそれを手作業で行っていることがほとんどでしたが、手描きで製図するには一人前になるまでにかかる時間が長すぎるデメリットがありました。熟練した作図者が少ないと色々な会社が困ってしまうなど、それほど製図というものは重要なものになります。しかしCADを使うことによりそのソフトを使いこなせるスキルがあれば、誰でも綺麗で見やすい製図を行うことが可能です。このようにCADを使うことで短い期間でも、一人前レベルの図面を作ることができるようになります。

どのような特徴があるのか?

製図のほとんどはCADを使っているものですが、これを使うには多くのメリットがあるためです。まずCADを使うことにより、誰でもまっすぐで均一な線を引くことができます。線分と印刷の設定をしっかりと行っておけば、簡単に行うことができます。またその際に文字を入力することもありますが、こちらも同じように誰が行っても同じです。しかしその際には誤変換で、間違った文字を入力する可能性があるので注意が必要です。修正の際も作業自体の手間はありますが、線や文字を消すのは簡単で跡なども残らないのできれいにできます。そしてデータとして管理できるのでコピーを撮っておけば、修正前と修正後それぞれを確認することも簡単です。しかし間違って消去してしまうと数日分の作業が一瞬で飛んでしまうので、データの管理だけは特に注意して行う必要があります。

電気CADとは、電気工事の配線図面をパソコンを用いて設計することです。手書きで作業するよりも綺麗で正確な図面が作成できるだけではなく、大幅に時間を短縮することができます。