仕上げ加工に重宝する酸洗いの特徴はこれ!


便利な酸洗いの技術の紹介

酸洗いとは、酸性の液体が金属を溶かすという性質を使った仕上げ加工です。具体的には、機械加工で出るバリの除去や表面粗さの向上やミクロン単位での寸法の調整などがあります。また、酸性の液体が表面に付着することでの防錆効果をもたらせます。液体につけるだけというシンプルな工程のため大量生産に向きますし、設備も簡単でリーズナブルな投資で実現ができます。大型のワークでは人の力や専用の大型設備がなくても仕上げ処理ができますし、機械や人間の手が入らないような複雑な形状でも液体が侵入することで処理が可能です。精密部品の仕上げ工程に採用されており、バリなどの不純物が脱落して機械の動きの弊害にならないことに貢献しています。

留意しなければならないこと

処理する金属の種類によって用いる酸性の液体が異なります。また、ワークの大きさによって設備サイズの検討が重要になります。前工程の品質に応じて処理時間が異なります。ミクロンオーダーでの変化ですので最適な液体の種類と処理時間のトライアルによる決定がポイントです。また、酸性の液体は人に悪影響を与えますので、液体の種類に応じて保護具の選定や臭気を取り除く換気設備が必要になります。さらに、酸性の液体の処理は決められたルールに従って対応する必要があります。万が一、河川や土壌に流出してしまうと環境問題になり企業イメージを低下させてしまいます。危険度の高い酸性の液体ほど対応策が難しくなりますので手順書などで徹底する必要があります。

酸洗いとは、金属製品を作るときに生じた錆やスケールを除去するために酸性の溶液中につけておくことです。