コンプレックス解消は病院で行う時代?小陰唇肥大の治療を正しく学ぼう!


小陰唇肥大の特徴と体への影響

小陰唇は女性の性器に接している皮膚組織の一種で、左右対称のヒダ状の形をしています。小陰唇の形状は多少の個人差があるのが普通ですが、人によってはヒダが極端に大きくなっていることがあり、小陰唇肥大と見做されることがあります。肥大した小陰唇は大きさやヒダの厚さが均一ではなく、左右非対称な形状になりやすい特徴があります。健康面での重大な問題はありませんが、ヒダが大きく膨れていることで排尿時に汚れが付着しやすくなり、不潔な状態になってしまう不具合があります。また、性交の際にヒダが擦れて痛みを感じるケースもあるため、肥大の状態によっては生活に支障をきたす可能性があります。小陰唇肥大は自然治癒しないので、膨れたヒダを正常な形状に改善させるためには医療機関での治療が必要です。

小陰唇の改善治療を受けるための病院選び

小陰唇肥大は見栄えが悪いことからコンプレックスを抱く原因になりやすく、セックスレスに繋がることもあります。また、排尿時の汚れが付きやすいことで不潔な状態になるのも小陰唇肥大がもたらす弊害の一つなので、治療を受ける際は不具合を完全に解消出来る医療機関を選ぶことが大切です。小陰唇肥大の治療は婦人科や美容外科など、女性の体の構造に詳しい医師がいる病院を選ぶのが最適です。また、患者の体調や小陰唇の状態に合った方法で治療を行うのが体への負担の減少に繋がるので、入念な検査を行ったうえで治療方針を決める所を選びます。小陰唇の不具合の解消は健やかな暮らしや性交を抵抗無く楽しむために必要な治療なので、安心して治療を任せられる所で受診することが大切です。

小陰唇肥大は先天的と言われることが多いですが、思春期や妊娠を期に大きくなることからホルモンの分泌、加齢や炎症が原因など様々考えられていますが、明らかな原因は不明です。