宴会は楽しく、幹事は気配りと細やかさが大切!


良いお店を選ぶことで感じの役割はほとんど決まる?

宴会の意味をネットで調べたところ、2-3人程度で行うものは宴会と言わず、ある程度まとまった人数で行う(飲食)ことを宴会というそうです。ということは歓迎会、送別会、打ち上げあたりが良く体験する宴会になるのでしょうか。宴会で大事なのは「お店」幹事をする方にとっては一番頭を悩ませるところですよね。最近では口コミサイトを見れば大体の雰囲気、料理、値段などがわかるので助かりますが、アレルギーのある方や、お酒を飲まない方もいますし、料理が個性的過ぎてもいけない。自分が行った事があって、お店の事を把握できていればいいのですが、そうではない場合事前に連絡をして調整することも必要になりますね。お店によっては飲み放題や食べ放題の融通の利くところもあるので、幹事の交渉力も問われます。2時間の宴会で飲み放題が1時間半とかだったら困っちゃいますもんね、細かい条件を丁寧に詰める、ここがポイントだと思います。

酔ったらうっかりはつきもの

お店を決めて、コースも決めて乾杯をして美味しいご飯を食べ、美味しいお酒を飲み、歓談・・・そのあとに幹事は集金をしたり支払をしたり、場合によってはタクシーの手配もしたり忙しいですよね。宴会がスムーズに進むためには幹事が泥酔しては困るわけで、飲みたい気持ちをグッと堪えて参加者の様子を伺い、お店の会計をした後にも忘れ物はないかチェックが必要です。僕は幹事をしたとき周りの様子を伺うことに気を取られ過ぎて自分の携帯を置き忘れたことがあります、飲んでも飲まれるな、宴会は楽しく親睦を深めたいですね。

大阪の宴会は、居酒屋や小料理屋、レストランなどの選択肢が多く、ビジネスからプライベートまで幅広く対応できます。