研究開発に重宝しているCADの特徴はこれ!


CADについての技術紹介

CADとはパソコンをつかって2Dの図面を作成するツールとして活用されたのが始まりです。従来は、ドラフターという製図版に定規やシャープペンシルを使って紙に人間の手で書いていました。修正するのにも細かいところを消しゴムで消して書き直していたので見にくかったり、誤解を生じてトラブルが発生するもとでした。また、原図が一枚しかないので保管も劣化しないように丁重に扱わなければなりませんし、生産部門などへは持ち回りをしていたため不便でした。これを解消してくれたのがパソコン上で作業ができるCADです。線を簡単にかくことができ、消すことも容易です。データーとして保管するだけなので便利ですし、関係者とも送信することで簡単に共有ができます。多くの人がデータを修正することも可能にしました。さらに、中間ファイルという形式が作られることでほかのCADソフトの互換性も持てるようになりました。ただし、文字化けなどのチェックは必要ですよ。

3Dモデルにより便利に

3Dモデルにより組立時における干渉チェックや断面図の作成が簡単になりました。デザインを3Dで作りこむことで、そこから簡単に2Dに落とし込むことができるのです。あとは寸法線やレイアウトを整えるだけで設計図面が完成します。3Dモデルの修正により簡単に2Dにも変更がされ寸法なども自動で変わるため便利です。

解析にも使われる便利さ

作られた3Dモデルは開発としてCADソフト内で活用できますよ。流体や応力解析を行うことで作られた3Dモデルに問題がないかどうかを評価することができます。

水道CADとは. 上下道工事に関わる配管図面や申請書類をPCを用いて設計することで、作業効率を高めることができます。