集中して教習を受けたい場合におすすめなのが合宿免許です!


2週間前後で取得が可能となっています

普通自動車運転免許を取得する場合に必要なのが教習所への通学ですが、短期間のうちに取得したい方におススメなのが合宿免許です。通常の通学タイプの教習所は、1か月前後が卒業の目途とされていますが、合宿免許タイプの教習所は最短2週間程度で卒業可能なので、連続した休暇を確保出来る学生の利用に向いています。

合宿免許を利用するためには、申し込みをする必要があるので、インターネットで合宿免許を扱う代理店サイトで申し込みを行います。申し込みを行った後に期日までに入金を完了させておけば、教習スケジュール・現地教習所までの交通チケットが届く事から、申し込みを終えたら即座に振り込みをしておく事をおすすめします。なお、クレジットカードで分割支払い出来る合宿もあるので、金銭面で一括支払いが厳しい場合はカードを使う事も考えておきましょう。

入校から卒業までの流れと合宿免許のメリット

入校日は、入校式・適性検査などを実施し、入校当日からアパート・ホテルなどを使って寝泊まりを行います。2日目からは、朝から夕方までを実技・学科の両教習が埋まったスケジュールで過ごす事が出来るので、無駄なく毎日を送れるでしょう。夜は自由時間になりますが、1日30分でも良いので仮免許・卒業後の試験対策を実施しておくと、全ての試験を1回で通過出来る可能性が高くなります。

卒業は最短で2週間とされていますが、仮に技能試験に通過出来なかった場合は教習延長になります。一般的な教習所は追加料金が1回ごとの技能教習に掛かるのでコストがかかるものの、合宿免許は追加料金が掛からない事が多いので、運転面で不安な方であっても最後まで安心して技能教習に取り組む事が出来るでしょう。

合宿免許は3食が毎日付いたプランが一般的ですが、一部合宿では寮またはアパートで滞在するタイプに自炊プランがあるので、料理が得意な場合は利用してみると良いでしょう。